blogトップ 蔵 ホムペ 広島の大地より お酢やの便り:2007年11月08日
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
センナリ株式会社
センナリ株式会社
 › 広島の大地より お酢やの便り › 2007年11月08日

2007年11月08日

第五章 ピンチをチャンスに その1

第五章 ピンチをチャンスに その1





私が、センナリという会社を実質的に背負うようになったのは
二十代の半ば頃からであった。


第一線をほぼ退きつつあった父至に代わり、私の役目は日を追って重くなった。

中でも販売面がそうで、外を攻める役目が私、内を守るのが弟英世(副社長)と
自ずと役割が按分されていった。

外に出掛けて色々と販売交渉を重ねる私は、社会の仕組みを少しずつ知っていく
一方、ある種の蕉燥感にも絶えず責められていた。


経営そのものを根幹から揺らがすことはないが、思うにまかせず販売が
伸びてないことが原因の最大で、その理由は前章で述べたような流通の
変革、大手資本との角遂にあることはいうまでもない。


毎日が真綿で首をジワッと絞められているような閉塞感であった。


そして、それが如実に見え始めるのはそう遠いことではない。

わが社にも幾度かのピンチらしきものはあったが、思い起こした時
最大のピンチは平成に入ってからといえる。


つい、先頃のことだ。

この時、私は本当に悩んだ。

大手メーカーとの差別化を図るため、有機の原料と天然の地下水で
無添加の健康にいい製品をつくるために新工場を建設するか

それとも事業をやめて、これまでの資産で食べていくか。
工場を建てるとなると、当然借金をすることになる。





続きは⇒http://oochikura.e-know.jp/e8021.html
  


Posted by センナリ株式会社 at 06:10Comments(0)『米の酢』物語