blogトップ 蔵 ホムペ 広島の大地より お酢やの便り:2013年10月22日
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
センナリ株式会社
センナリ株式会社
 › 広島の大地より お酢やの便り › 2013年10月22日

2013年10月22日

センナリのお酢ができるまで①

センナリのお酢は、とてもまろやかなお酢です。
その理由のひとつは、熟成させるのに機械を使用せず、じっくりと時間をかけて造っているというところにあります。
その、お酢ができるまでについてご紹介いたします。

まずこだわり抜いた国産のお米を研いで蒸し、麹(こうじ)菌をつけ、繁殖させます。
これが米麹です。

米に水と酵素を加えて米を液状にし、仕込液を造ります。これが酢の大元となります。




米麹と仕込液を合わせます。これによって仕込液中のでんぷんが糖に変わり、
同時にアルコール発酵が進みます。約2週間かけ、醪(もろみ)ができます。





つづく

2013.10.22  


Posted by センナリ株式会社 at 10:08Comments(0)仕込み風景