blogトップ 蔵 ホムペ 広島の大地より お酢やの便り:2013年10月
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
センナリ株式会社
センナリ株式会社

2013年10月29日

まさに手づくりドレッシング

センナリのドレッシングの中には、クリーンルームという特別な部屋で造られているものがあります。
ここでは特に清潔をモットーにしており、1つずつ丁寧に、手作業で行っています。



こちらで造られているものの1つ、ミニドレッシングシリーズは、
130mlという使い切りやすいサイズになっています。

★かきドレッシング
★ごまゆずドレッシング
★とまとドレッシング
★にんじんドレッシング
★ふれんちドレッシング
★わさびドレッシング
★ごまわさびドレッシング

の7種類があり、みんなで美味しく楽しめるドレッシングです。
どれも化学調味料、保存料無添加です。
優しさが詰まった自慢のドレッシング、ぜひお試しください。



2013.10.29
  


Posted by センナリ株式会社 at 13:14Comments(0)仕込み風景

2013年10月25日

センナリのお酢ができるまで②

前回、醪ができるところまでを紹介させていただきました。
できた醪を絞り、醪酒を造ります。



きれいな醪酒ができたところで、種酢と酢酸菌を加えて発酵させます。
この酢酸菌はそれぞれ独自のもので、代々受け継がれています。

ここで味の差がでるわけです。

それから静置発酵室で約2ヶ月、酢酸発酵を待ちます。



酢酸菌が膜を張っています。



野外タンクに移してお酢を3ヶ月程度熟成させます。
熟成期間中にたんぱく質などがアミノ酸に分解され、うまみとなるのです。


センナリでは、この酢酸醗酵から野外タンクに移して熟成させるまで約5ヶ月かけていますが、
大量生産されているお酢のほとんどは、「キャピテーター」という機械を使用し、
短時間(約1週間)で造られています。
製造効率はアップしますが、高酸度(10%程度)でツンとするお酢になるため、
それを4.5%まで水で薄めて大量に生産しています。
しかしセンナリのお酢は、キャピテーターを使用せず
時間をかけて熟成させていますので、酸度が5%程度でまろやかなお酢になるのです。

以上が、センナリのお酢ができるまでの工程です。
まろやかさの秘密は、秘伝の酢酸菌と、これだけの時間と手間をかけ、
真心をこめて丁寧に造っているという所にあるのです。

2013.10.25  


Posted by センナリ株式会社 at 10:33Comments(0)仕込み風景

2013年10月22日

センナリのお酢ができるまで①

センナリのお酢は、とてもまろやかなお酢です。
その理由のひとつは、熟成させるのに機械を使用せず、じっくりと時間をかけて造っているというところにあります。
その、お酢ができるまでについてご紹介いたします。

まずこだわり抜いた国産のお米を研いで蒸し、麹(こうじ)菌をつけ、繁殖させます。
これが米麹です。

米に水と酵素を加えて米を液状にし、仕込液を造ります。これが酢の大元となります。




米麹と仕込液を合わせます。これによって仕込液中のでんぷんが糖に変わり、
同時にアルコール発酵が進みます。約2週間かけ、醪(もろみ)ができます。





つづく

2013.10.22  


Posted by センナリ株式会社 at 10:08Comments(0)仕込み風景

2013年10月21日

新しょうがの産地へ②

10月17日
前回新しょうがの産地へ①でお知らせしたとおり、しょうがの産地へ行ってきました。



大自然に囲まれた畑は、まるで一面が緑の絨毯のようです。
こちらの畑で、センナリの季節限定商品「若採り新しょうが漬」の原料になる
しょうがが、露地栽培されています。
生産者の1人、山田様の奥様が、今年も温かく迎えて下さいました。

気になる今年の収穫量ですが、猛暑日が続き雨も少なかったため、小さく少量とのこと。



それでも一株がこの大きさ!!立派です。

その為、今年は限定200セットの販売になります。

生産者の方々が大切に育てられた原料ですから大切に広島へ運び、私たちも真心を込めてとびきり美味しい商品にしていきます。
新しょうがのために、センナリが特別に造った甘酢でつける「若採り新しょうが漬」、
ぜひ召し上がってみて下さい。

今週末の10月27日(日)にはここ東陽町で、しょうが祭が開かれるそうです。
しょうがをはじめとする農産物や加工品などの特産品の即売会や、郷土芸能やキャラクターショー、高崎裕士三味線演奏、神奈月モノマネショー、お楽しみ抽選会など、子供から大人まで一日楽しめるイベントです。
自然あふれる素敵な町の、おいしいしょうがの祭。
お近くに寄られる機会がありましたら、覗いてみると楽しいですよ〜!



2013.10.21
  


Posted by センナリ株式会社 at 15:34Comments(0)産地情報

2013年10月18日

新しょうがの産地へ①

10月16日
新しょうがの産地に伺うため、広島から熊本に向け出発しました。
まずは広島駅から新幹線に乗り、熊本駅へ。



熊本駅ではあの人気者、くまもんがお出迎えしてくれましたよ。



ハロウィンが近いということで、仮装したくまもんにも出会えました。
とっても可愛くて記念に1枚!


そこからは在来線の鹿児島本線に乗り換えです。


車窓に広がる景色は田園と、遠くには九州山地という絶景です。



雄大な自然を感じながら、電車に揺られること30分。
八代市にある有佐駅へ到着です。



この有佐駅がしょうがの産地、東陽町の最寄り駅です。
ここから東陽町まで車で30分。
さっそく明日、伺います。
美味しいしょうががたくさんできているかな?

2013.10.18  


Posted by センナリ株式会社 at 13:40Comments(0)産地情報

2013年10月15日

赤ヘルソースでカープを応援!

広島と言えば、広島東洋カープ。
今、広島県内だけでなく、東京など県外ファンも急増中だそうです。
そんなカープ大好き!な、ゾウをキャラクターとした「広島赤ヘルお好みゾゥーッス」。
「赤ヘルお好み」→「カープが好きな」、「ソース」→「ゾウっす」とし、強く目に留まるキャラクターとして、あえて赤ヘル好きのゾウをキャラクターとしました。

トマト・りんご・タマネギ等の良質な野菜、果実を使用した風味豊かなお好みソースです。広島県産かき煮汁、檸檬果汁使用。
怒っている感じが、カープに愛のあるヤジを飛ばしているといったカープ大好きな雰囲気を出しています。
そのヤジが効いたのか、CS進出!そしてCSファーストステージで阪神に2連勝!
日本シリーズ進出をかけ、明日16日(水)から巨人とのファイナルステージに挑みます。
この調子で巨人にも連勝して欲しいですね。
みんなで広島赤ヘルお好みゾゥーッスを使った広島風お好み焼きを食べながら応援しましょう!


  


Posted by センナリ株式会社 at 13:56Comments(0)商品情報

2013年10月08日

苗から育てた玉ねぎで…

今週製造予定の「広島県産玉ねぎドレッシング」は、センナリの畑でとれた玉ねぎを使用しています。
畑のプロではありませんが、愛情をこめて苗から育て、大自然の中で大小さまざまな玉ねぎに育ちました!
その愛情と美味しさのたっぷり詰まった玉ねぎを、センナリのスタッフが全て手作業で刻み、下処理をしています。



そして、ドレッシングに使用しているお酢の原料であるお米も、広島県産のものを使用しています。
さらに、広島県産のレモン果汁も使用しているので、風味豊かなノンオイルドレッシングになっています。
愛情を込め、手間暇をかけてつくった「広島県産玉ねぎドレッシング」で、野菜がより美味しくよりたくさん食べられますよ〜!


2013.10.8  


Posted by センナリ株式会社 at 11:15Comments(0)商品情報

2013年10月03日

お米と有機りんごの産地へ

センナリでは、どんなに遠い産地でも社長自ら伺って生産者の方とお会いし、原料となるお米や果物をしっかりと見に行き、購入しています。
今年9月、岩国から飛行機でまずは羽田へ向かい、羽田から飛行機を乗り換えて秋田へ。そこから、車で1時間かけ、大潟村へお米を見に伺いました。
今年は豊作です。

その後、青森へ。
青森県南津軽郡がセンナリの「純りんご酢」の原料となる国産の有機りんごの栽培地です。

ご存知の方も多いと思いますが、これはとても貴重なもので、日本でこの有機りんごを栽培しているところは2件しかありません。
虫よけにはりんご酢を散布するなど、自然の栽培方法にとことんこだわっています。
この貴重なりんごの生産者のお一人、青森県南津軽郡の福田さんに会いに伺いました。

今年は豊作!の予定でしたが、収穫直前の台風の影響で川沿いの畑の2〜3割が水に浸かった為、平年並みの収穫量とのこと。
たっぷり1トン購入予定なので、今年も皆様の元にとびっきりの「純りんご酢」をお届けできそうです。よかったぁ〜!



2013.10.3
  


Posted by センナリ株式会社 at 14:34Comments(0)産地情報

2013年10月01日

お米の産地に今年も行ってきました。

台風の強風のおかげで飛行機が飛ばず、急遽出発予定を2日延ばし
岩国空港から、羽田を経由して秋田空港まで飛行機で。
空港から大潟村へはレンタカーでひた走ります。

黄金色に輝く広大な土地が広がり、
瀬戸内海と中国山地に囲まれた広島とは風景がまるで違います。

今年も生産者の方が笑顔で迎えてくれました。
直前の台風の影響もなく、今年は豊作。



今年も“米の酢”の原料を確保することができました。

今年収穫されたピカピカのお米は、
来年の春ごろ、琥珀色の“米の酢”となります。


  


Posted by センナリ株式会社 at 15:49Comments(0)産地情報